コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

コーチング×人事の知見でより良いキャリア・社会を創造する!20・30代のリーダー/管理部門/クリエイター向け

クローバーナイト(本の感想)

最近読んだ小説の感想です。

 

クローバーナイト (光文社文庫)

クローバーナイト (光文社文庫)

  • 作者:辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/11/12
  • メディア: 文庫
 

 

直木賞作家、辻村深月さんの作品。

Amazon 内容紹介より

家族の幸せを守るべく、新米騎士(ナイト)・鶴峯裕が右往左往しながら奮闘中。

ママ友の不倫疑惑、熾烈な保活、過酷なお受験、驚愕のお誕生会、そして――。保育園に通う一男一女を抱える鶴峯家は、子育てにまつわる数々の試練を乗り越えられるのか!? 直木賞作家・辻村深月が贈る、子育て世代への高らかなエール!

 

父として、夫として主人公鶴峯裕が数々の(本当にちょっとした日常の)事件に立ち向かい、謎を解き、解決していくお話。

小説というより、むしろ何かのテキストに近いという感想です。

 

感想①リアルでちょっと疲れる?

小説とは非日常を経験し、それを楽しんだり、味わったりするものです。しかし、この作品に関しては作者の課題設定力や取材力、描写力の賜物と思われますが、「あるある」を超え、日常感を感じられました。普段の生活の延長にあるような作品であり、子育て世代にとっては、共感できるというよりむしろ、感情移入するとちょっと疲れるかもしれません。

この意味で、人間関係のケーススタディとしても良い本だと思われ、ぜひ今子育てをしていない人にも読んでもらいたい作品です。

 

感想②楽しむよりむしろ勉強になる

作者の得意分野はミステリーであることもあり、謎解き要素が楽しい作品です。ちょっとしたお互いの誤解やすれ違いからいくつかの問題や日常の事件が起きていくのですが、主人公鶴峯裕は鋭い観察眼や交渉力で、時に意図せずしてそれらの問題や事件を解決していきます。公認会計士の設定であり地頭も相当なものなのでしょうが、人間を冷静に観察して真相に気づき、時に自らアクションを起こして解決してしまうことに加え、内省力も半端なく、この点はちょっと(良い意味で)異常です(笑)。もしかすると、現代社会に求められるヒーロー像とは彼なのではないでしょうか。

 

読んだ方いらっしゃればぜひ感想を聞かせてください!

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA 

定量と定性・具体と抽象

f:id:creationcoaching:20200114210833j:image

言葉というものは時間・時代とともに変化するものなので簡単に「その使い方は不正解!」と言い切れないと思っていますが、ある言葉について、ちょっと使い方や解釈が違うのでは?と思うものがあったので、そのことについて書いてみます。

 

「定性的」の定義

今回とりあげたいのは、「定性的」という言葉です。ネット検索すると、定性的=抽象的と書いてある文章が散見されるのですが、辞書における言葉の定義としては、以下のとおりです。

 

※出典:デジタル大辞泉小学館

定量的 ていりょうてき

1 数量に関するさま。ある物質にその成分がどれだけ含まれるかを表す場合などに用いる。
2 数値・数量で表せるさま。

 

定性的 ていせいてき

1 性質に関するさま。ある物質にその成分が含まれるかどうかを表す場合などに用いる。
2 数値・数量で表せないさま。

 

具体的 ぐたいてき

はっきりとした実体を備えているさま。個々の事物に即しているさま。

 

抽象的 ちゅうしょうてき

1 いくつかの事物に共通なものを抜き出して、それを一般化して考えるさま。
2 頭の中だけで考えていて、具体性に欠けるさま。

 

対義語になっているのは定量と定性、具体と抽象なので、定性的で具体的な文章も、定性的で抽象的な内容もあるわけです。また、定量的だけどあまり具体的ではない情報もあります。

 

例えば、

①なんか辛いものが食べたい気分です。

②今私は新宿中村屋のインドカリーが食べたい。

③なんか辛いものを500グラム食べたい。

 

ちょっと例文に無理があったかもしれませんが(笑)、①は定性的で抽象的、②は定性的で具体的、③は定量的で抽象的な文章です。

 

ビジネスは数字の世界なので定性情報のみの文章や報告に対してネガティブな場合もありますが、良い情報というものは、適切なバランスで定性情報、定量情報が入っており、かつ必要な範囲で具体化あるいは抽象化しているものだと思います。つまり、使い分けが必要ということです。

 

特に人材育成の場面では、定量化を意識するだけではうまくいかないこともあります。例えば、結果の数字のみに注目するのではなく、態度やマインドなど、数字で表しにくいものを承認したり、褒めたりすることも大切です。

 

目標設定や評価でのポイント

以上の内容について、目標設定や評価の場面で考えてみます。

 

目標設定においては、基本的には具体化すること、定量的に書くことが大事です。

例:

売上を◯%アップさせる

事務ミスを10件以下におさえる

◯月までに◯㎏減量する

 

しかしながら、具体的な定性情報やイメージも加えるとより良い(実現したくなる、ワクワクする)目標になります。

例:

売上を◯%アップさせてみんな笑顔の忘年会を開催する

事務ミスを10件以下におさえてマネージャーからプロフェッショナルとして認知される

◯月までには◯㎏減量して武田真治のようなボディを手に入れる

 

なんだか、頑張ってみたくなりませんか?

 

また、既述のとおり、評価やフィードバックの場面では、定性的側面にも着目するとより有効なことがあります。具体的に、ということも意識するとより効果的になると思います。

「契約を5件とれ、売上に5%貢献したので良かった」

→「メールなどを見るにいつも顧客への丁寧な対応ができている点と、契約を5件とって売上に貢献したという事実が評価できる」

 

どちらが嬉しいでしょうか?

 

その他、複数の人を公平に評価しなければならない場合には、評価基準を少し抽象化してみることも有効です。

店内に聞こえるボリュームでお客様に挨拶できているかどうか

→明るく、元気で、爽やかなコミュニケーションができているか

 

前者の例だと全体的な態度ではなく、声の大きさのみで評価してしまいかねません。

 

他にもさまざまなポイントがあり、ネット上にもいろいろな記事がありますので、複数調べて比較してみると良いかもしれません。

 

個人で上手く目標設定できない、部下へのフィードバックが上手くいかない、などのテーマもコーチングでサポート可能ですので、よろしければご相談ください!

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA 

採用面接では何をすべきか?-転職・就活のポイント

f:id:creationcoaching:20200110210510p:image

本業では企業の人事として、採用面接やそれに類する面談などを多く担当しています。また、私自身、4年前に転職を経験しているのですが、今回は、普段の仕事や自身の経験から、面接において大事だと思うことを求職者目線で書きたいと思います。

 

面接の場において大切なこと

面接というと、自分を売り込みに行くようなイメージを持つ場合もあるかもしれません。そのために、準備として、いわゆる自己分析や話す内容をストーリーとしてまとめておくことなども大切な要素ではあります。そして、面接の場面においては、それをいかにしっかりと話すかが大切なのは言うまでもありません。

しかしながら、面接の場面では、相手(面接官)を認識し、観察することを心がけることがそれ以上に重要だと思っています。

 

あらためて振り返ってみると、転職活動の際、自分でも驚くほど自然体で面接に臨むことができていたように思いますし、しかも、受かった・落ちたがその場でわかったような感覚があり、かつ、全ての合否が予想通りでした。

一方、新卒で面接を受けていた時にはそんなことはなく、面接そのものも緊張でうまくいかなかったり、合否予想も全く予想外のものであったり、当時の自分からすると半ばくじ引きのような感覚さえ、時にはありました。

 

この差が生まれた要因として、転職活動の際には、その企業や人を観察しようという考えを持って面接に臨んでいたことが大きかったと思います。つまり、どんな会社で、面接官はどんな人物なのかを観察しにいくつもりで面接を受けていたことによって、自然体で面接に臨み、望ましい結果を出すことができたというわけです。

例えば、面接室に入ったところで、面接官や部屋の様子をしっかり認識し、観察する。質問されているとき、どう答えるか、どう言うとよく伝わるかといったことも当然考えるわけですが、同時にこの人はどんな意図や感覚、価値観でこの質問をしているのかを考える。また、自分が話している時に、相手の反応を観察する。今思えば、こうしたことを無意識に心がけていたことで、面接をスムーズに終えることができていたように思います。

 

そもそも、面接とは何か

そもそも面接とは何か。受験者が評価される場であることは間違いないのですが、本来はお互いに価値観や志向、スキルなどのすり合わせをする、マッチングの場なのです。ポイントはお互いに「評価」ではなく、合うかどうか、マッチングをしているというところです。自分を評価してもらおう!(あるいはこの受験者を評価してやろう!)というスタンスではなく、①まずはしっかり相手を1人の人として認識する・観察する、②自分が入社した場合、自分もこの面接官もお互いに幸せになれそうか見極めるつもりで臨むことが大切です。少なくとも、①を心がけるだけで、スムーズに会話ができるようになります。面接官側にもぜひ心がけて欲しいポイントです。

 

また、このようなスタンスで面接に臨んでいると、自分に合わない会社(または面接官)であれば、おおよそその場で合わないことに気づくものと思います。場合によっては、その場において高精度で合否が予想できます。

 

どうすれば観察者スタンスや観察スキルが身につくか?

観察者スタンスで面接に臨んでみること。面接とは互いに相性を見極める場だと思うこと。ぜひ意識してみて欲しいと思います。

そうは言っても、やっぱり面接では緊張してしまうし、難しいよ!と思う方もいるかもしれません。しかしながら、日常生活で初めて人に会って話す場面を思い浮かべていただきたいのですが、普通は、自分をよく見てもらおう!というよりも前に、この人はどんな人だろう?と思いながら話すことの方が多いのではないでしょうか。

つまり、ある程度誰しも観察者スタンスで人に会い、観察するスキルを使っているのです。逆に言えば、更に観察するスキルを磨きたい、観察することに慣れたい場合には、日常で「この人はどんな意図や価値観を持ってこの話をしているのか」などと考えながら話をするようにすると良いと思います。

この時は特に、自分と合うかどうかという判断も含めた「評価」は抜きにして観察することを心がけると良いと思います。(評価していると相手が違和感を感じるかもしれませんのでご注意ください。)逆に、しっかりと相手を見ようとすることで、コミュニケーションが円滑になるという副次的効果も期待できます。

ぜひ、心がけてみてください。

 

なお、私のコーチングサービスでは、転職活動・就職活動のサポートとして、ご希望があれば面接などの選考対策も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

(お問い合わせ先は、下の ◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから をご覧ください)

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA 

長男長女はよく褒められ、よく怒られる

f:id:creationcoaching:20200103152123j:image

お正月休みということで、連日2人の子ども(長男4歳、次男0歳)といつも以上に触れ合っています。そして、いつも以上によく叱り(怒り?)、よく褒めています。あらためて感じるのは、男三人兄弟の長男だった自らのことを思い出してみても、長男長女は「弟妹よりも多くの感情が交錯する場所」だということ。もちろん、多少のバイアスはあるだろうけれど、幼い頃には親戚からの賞賛も、父親からのパンチも、弟たちよりも多くいただいてきた記憶がありますし、他の家の話を聞いても、長子の方が割と親とドンパチをやっている率が高いように感じます。(一度弟は厳罰を喰らって庭の木に縛られていた記憶があり、程度で言えば彼の方が上ですが、割合の話で言えば私の方が上のように思います。※注:上記は平成の話です。笑)

 

自身の長男から分析するに、なぜ怒られるのかというと、1つの見方としては、①親や大人の期待があるから、そして②失敗するからだと思います。

長子の場合、下の子どもと比べて相対的にしっかりしているように見えること、また、本人にしっかりしようという意気込みがあるからこそ、親や大人は当人の実力以上に無意識に期待をしてしまいます。このため、失敗したり、やらかしてしまった時に、大人が抱く期待とのギャップから大人のお叱りを受けるのです。

では、なぜ失敗するのかというと、チャレンジしているからです。できそう!やりたい!と思って行動を起こすことで失敗が生まれてくるのです。

 

本来なら、人材育成に携わる身としては、プロセスをニュートラルに見て、取り組んだ事実をまず評価すべきなのですが、どうしても失敗した結果にのみ注目して怒ってしまっています。難しいものです。

それにしても、子どもと向き合うことは、下手なセミナーやワークショップよりも学びがあるものだと思いました。お互いに家族相手という甘えから感情爆発してますし、だからこそ、振り返り、内省ができれば尚のこと、たくさんの気づきがあるように思います。(まず怒らないのがある意味一番ですけどね!)

 

そんな家族との時間を、お互いの成長のためにも、なるべく増やしていきたいものです。(適切なバランスはとりつつ。)家族に限らず、大切な友人や仕事の仲間との情緒的な交流と置き換えても良いと思います。本業・副業を通じて、より多くの人が、そうした時間を量的にも質的にも増やしていけるよう、さまざまな形で支援していきたいとも感じました。

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA 

ネガティブに向き合うことと余白をつくること

目標達成や課題解決に向かう方法として、ビジョンや理想像を描くことは非常に有効です。ゴールがしっかり見えていれば、モチベーションを高めることや具体的行動を導くことが容易になるからです。

とはいえ、なかなかビジョンが描けないことや、理想像をイメージできたとしても上手く前に進めないこともあります。(その他、コーチやコンサルタントから「ビジョンは?」と問われ、「それが思いつかないから相談してるんだ!」「そんなことは良いから具体的な方法を考えさせてくれ!」と言う方もいるかもしれません。)

 

私の経験上、ビジョンが描けない、行き詰まっているときには、理想像を考える以外に2つの方法を試してみると有効な場合が多いです。

 

現在に向き合うこと

まずは徹底的に今の状況と自分を分析することです。何ができているのか、何が足りないのか、協力してくれる人は誰か、阻害要因は何か、など一つ一つ確認することです。取り組んでいる課題にもよりますが、フレームワークを用いることも良いかもしれません。例えば「現状分析 フレームワーク」などのキーワードでネット検索すると色々なフレームが出てきます。(ただし、適切なフレームを選択できているか、整理した後に深く考察できるかには注意が必要です。また、フレームを利用することは、フレームに収まらないもの・入っていない要素を捨てることと同義ですので、この点も踏まえられると良いと思います。)

 

また、同様に課題や目標にもよりますが、感情に向き合うことも重要だと思います。特にポジティブなものだけでなく、ネガティブな感情に正面から向き合ってみると良いと思います。何が嫌で、何を課題だと思っているのか、それはなぜか、と考えてみることで逆に理想が見えてくることもあります。また、よく考えたら自分の捉え方が問題で、それは課題ではなかったと気づくこともあります。

そうは言っても、ネガティブな感情に向き合うのは疲れます。無駄に消耗することなく、冷静に感情と向き合う1つの方法として、「自分は今こんな感情である」「なるほど、今はイライラしているのですね」とまるで人や物を眺めるかのように見るという手があります。こんな感情だからこうしなくては、とか、相手にこうなって欲しいと考えるのではなく、「今私の感情はこうである」とそのまま捉えるだけにするわけです。

参考文献を挙げておきます↓

平常心のレッスン (朝日新書)

平常心のレッスン (朝日新書)

 

 

余白をつくること

2つ目は、余白をつくることです。

更に具体的に言うと、余裕やあえて考えない時間を持つことと、考えてもすぐに答えが出ない問いを考えるということです。

前者については、煮詰まったら一旦休む、違うことをしてみるという話です。後者については、人の力を借りる必要がありますが、「それは考えたことがなかった…」というような質問を他者からしてもらうことで、頭の中に空白をつくるという方法です。

 

今必要なのはビジョンを描くことなのか、それとも現在に向き合うことなのか、あるいは余白を作ることなのか。上手く行かない時は特に、こうしたことを考えてみると良いかもしれません。

 

コーチとして、「さあビジョンつくれおじさん」にならないよう自戒も込めて、「まずビジョンを描く」こと以外の目標達成・課題解決方法について、まとめてみました。

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA 

未経験の業界に転職しました…?

f:id:creationcoaching:20191223230822j:image

地元の動物園に転職しました。

仕事内容は乾草的なものを、重機を使ってひたすら集める作業です。何の目的かはよく知らされていませんが、単調ながら、自分のペースでできるうえに程よく身体を使うので心地よい疲労感を感じられます。

給料は下がりましたが、残業はなく、毎日5時には帰ることができます。

職場の仲間も優しくて、今日も近くの美味しい天ぷら屋さんに連れて行ってくれました。食事をしていると、同僚や天ぷら屋の大将が、仕事は楽しいか?大丈夫か?と、気を遣ってくれます。

実は前職の上司からも辞める間際まで同じように心配されていました。舞茸の天ぷらを頬張りながら、さて、本当に転職して良かったのか?と思っていたところで…

 

目が覚めました。こんな夢を見ました。

 

そして、色々大変なこともあるけど、結局今の仕事(企業の人事部門)が自分には合ってるなと再認識したのでした。笑

 

仕事選びにはいろいろな選択のポイントがあると思いますが、我ながら、そして夢ながら、示唆に富むものを見たものだと思いました。笑

 

  • 勤務地
  • 自分で工夫する余地や頭を使う(悩ませる)割合
  • 上司のマネジメントスタイル
  • 自分のペースで作業に没頭できるか、人に合わせる仕事か
  • 身体を使う割合(外回りなども含めて)
  • 給与や福利厚生
  • 労働時間
  • 人間関係、職場環境
  • 職場周辺の環境やランチ事情

 

上記の夢であればこんな要素が出てきましたが、他にもいろいろなポイントがあると思います。例えば、新卒で就職活動をしている方は仕事内容などに、転職活動をしている方は今不満を感じている点など、一部のみにスポットを当ててしまう場合があるものですが、一度、ある程度網羅的に考えてみると、納得のいく結果を得やすくなるかもしれません。

 

網羅的に考えるために、また、自分では気づかないポイントについて考えるきっかけを得るという意味でも、人と一緒に考えることもおすすめです。

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

 

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA 

副業をやってみてわかったこと・メリットとデメリット

f:id:creationcoaching:20191217204413j:image

2019年の10月頃から本格的に副業としてコーチング事業を開始しています。今回は、副業をやって気づいたこと、感じたこと、わかったことをまとめてみたいと思います。

なお、複数の仕事を持つことを、パラレルワーク、複業などとも言いますが、投入する時間の割合や、本業の人事という仕事は軸であると考えていますので私は「副業」という表現を使います。

 

前提について

この話が、遍く世の副業すべてに共通するかというとそうではないと思います。

私の場合は、個人で人事パーソンが行うコーチング事業であり、以下の前提条件があるものとしてお読みいただければと思います。

  1. 本業である人事と極めて近接した領域であること
  2. 組織に属するのではなく、個人事業であること
  3. 商品は自分そのものであること

 

なぜ副業に取り組むのか

そもそものきっかけについてです。

以前より、なんとなく、自分の強みは「人の話を聴く」力なんだろうと思い、人からもそう言われていました。(例えば、昔から悩みやぶっちゃけ話をよく打ち明けられたり、道を尋ねられたりすることも多く、案外これって強みなのかも?と考えていました。)

育成や採用関連の仕事を主に担当していることもあり、この力を仕事により活かしていきたいと思って調べていたところ、コーチングというものを発見し、スクールを見つけました。(ちなみに、こちらです。銀座コーチングスクール

当初はスキルを身につけることを主眼に置いていたのですが、学ぶうちに「面白いし、自分に向いてるかも!?」と思いはじめました。同時に、コーチングって人と自分を成長させるすごいツールかもしれないとも思うようになり、本業への活用に留まらず、より幅広くコーチングを使って世の中を良くしていきたいと考えるようになりました。特に、個人を全力で支援する仕事にやりがいを見出したのですが、企業人としてはどうしても組織への貢献・組織を守ることを求められる側面があるため、副業でこの欲求を満たせるのではと考えるようになりました。

(もちろん同じスクールの受講生の影響や、コーチング資格取得にかかった費用を稼いで元をとりたい、更に稼いで自己研鑽に投資したい、単純にお金が増えたら嬉しいぜ!という思いもありましたが!)

 

気づいたこと・メリットとデメリット

資格取得後、少し経ってから、副業立ち上げに着手。準備期間も含めると3か月以上経ちました。ここまでで以下のようなことに気づきました。


◯仕事や会社というものについて

  1. 仕事は本来楽しいものであり、あると嬉しいもの。会社員だとどんどん仕事が降ってきてアンラッキー・仕事がなくなってラッキーという思考になりがちですが、仕事をもらえるのはやはり嬉しいものです。
  2. 組織のありがたさ。当然、名刺作成やらメールアドレス取得などの事務作業から営業、商品の提供まで全て自分でやらなければならないわけで、組織の強さやありがたさを感じました。
  3. 必要な仕事とそうではないものの峻別が大切。どこまで頑張るかは自分次第、しかも副業となるとかけられる時間はたかが知れています。何をやるべきで、何を捨てるべきか、都度しっかりと判断する必要があり、「とりあえず大事そうだからやっておこう」という悪い意味での大企業サラリーマンマインドだと、すぐに立ち行かなくなります。

 

◯リソース:知識や理論、人脈について

  1. 案外経営理論やフレームは馬鹿にできない。事業計画をつくるにあたって、やはり思考のフレームを使うと整理が速いことを実感しました。
  2. アウトプットするとインプットが深まる。このブログを書きはじめてわかったことですが、人に伝えるつもりでまとめると知識が定着しやすいということをあらためて実感しました。
  3. 人脈ってやはり馬鹿にできないしチャンスになる。昔の知り合いの方経由でお仕事をもらうことなどもあり、人脈って大事だと再認識しました。

 

◯考え方やスタンスについて

  1. ライトな考え方になる。フットワークが軽くなる。スタートアップ企業も同様かと思いますが、事業立ち上げはまさにトライアンドエラーの世界ですので、「まずやってみる」というマインドがより強くなりました。スタートアップや個人主催のネットワーキングイベントにもより気軽に参加するようになり、そこで得た知見が本業へも意外と還元できていたりもします。
  2. 自分の価値を見つめ、見直すきっかけになる。副業開始にあたり、また副業を実施していく中で、自分の提供できる価値は何か、誰に提供したいのか、どういう世の中にしたいのかなど、かなり考えました。それによって自分というものを再発見することにもつながりましたが、何よりも自分は自分でしかないので、他者にどう評価されようが、気にし過ぎる必要はないと思えるようになってきました。もちろん反省や真摯に他者に向き合うことは必要ですが、より自分を信じることができるようになってきた気がします。(副業だけの効果ではないかもしれませんが、少なからず影響していると思います。)

 

なんだ、良いことばかりではないか!本当?と思ったかもしれません。はい、実際副業にはメリットが多いと感じています

ただし、既述のとおり、やりたい仕事だからこそ、真剣に悩む時間も含め、自分で適切にコントロールしないと際限がなく、時間のやりくりは結構大変です。

また、例えば営業してみて成果が出ないときなど、やはり凹みますのでメンタル面にも余裕を持つことが必要かとは思います。

 

今後新たに気づいたことがあればまとめていきたいと思います!また、副業に関心のある方もぜひお声がけください。

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA 

セルフコーチングに必要なもの

f:id:creationcoaching:20191211203613p:image

自分で自分にコーチングを行うことをセルフコーチングと言いますが、多かれ少なかれ、それがコーチングとは意識せず日常でもやっていることかと思います。

 

例えば、来年の目標を考えたり、ダイエットの計画を練ったりする際に、自問自答をすることがあると思いますが、これもセルフコーチングの一種です。

 

セルフコーチングに必要なもの

効果的なセルフコーチングを行うために、必要なものとは何でしょうか?

 

いろいろな要素があると思いますが、まずは、妄想力。つまり、どれだけ自分で思考の制限をとっぱらい、イメージを膨らませられるかがまずは重要になってきます。この意味で想像力というよりは、やはり妄想力に近い能力だと思います。

 

そして、論理的に考える力も必要です。イメージを膨らませるだけでなく、現状とそのイメージとのギャップを客観的に把握し、具体的な行動とその順番を考える力です。また、妄想の前段階として、ある程度、課題を整理することも必要です。

 

自分でできるならコーチングはいらない?

これらはスキルですので、繰り返すことで鍛えられるものかと思います。しかし、そもそもの話ですが、こうしたスキルの前に、セルフコーチングを行う時間と場所が必要です。当たり前ですけどね。

 

セルフコーチングを行う場所は、電車での移動中でも良いと思います。しかし、できればまとまった時間集中して行うとより効果は高くなります。特に紙に考えを書いてみるとより効果的です。

 

とは言うものの、なかなかまとまった時間が取れないこともあると思います。そんな時にこそ、コーチにお願いして、コーチングの時間を確保するという方法があります。コーチの時間とともに、自分の時間も買うわけです。

 

もちろん、時間だけでなく、コーチによってもたらされる新たな視点、気づきなども買っているわけですが、特別な時間や空間を得ること自体にも大きな意味があると思います。

 

===【個人向けコーチングサービス】===

コーチングと企業人事としての幅広い経験、専門的知見で、あなたらしいキャリア・あたらしい自分を創造!

◇どんなサービス?コーチングを受けてみたい方はこちらから↓ 

【サービス紹介】コーチング×人事の知〜20・30代向けキャリア創造コーチングサービス〜 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

◇20・30代のこんな方をサポートします↓

「管理部門」「リーダー」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

「クリエイター」のみなさまへ【こんな方をサポートしたい!】 - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

 

クリエイションコーチン

Creation Coaching

代表・HRコーチ

中村 公省 Kosei NAKAMURA