コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜

コーチング×人事の知見でより良いキャリア・社会を創造する!20・30代のリーダー/管理部門/クリエイター向け

コーチング・コミュニケーション

自分を認めることからはじめてみませんか?

今、困っている人のために何かしなくては。自分には何ができるのか。そんなことをここ最近考えています。しかし、色々とできることはありそうなのですが、私自身、なかなか一歩が踏み出せません。そこで、「基本」に立ち返ってみました。 なぜ一歩が踏み出せ…

傾聴のコツ

某所でご紹介いただいた本です。 僧侶である筆者は、東日本大震災をきっかけに被災地での傾聴ボランティアを開始。そのボランティアでの具体的な場面を描きながら、傾聴のコツを紹介するという構成になっています。 傾聴のコツ: 話を「否定せず、遮らず、拒…

なぜコーチやカウンセラーが必要なのか?②

前回は、 ①昔から、そして今でも、コーチやカウンセラーに頼るまでもなく、占いや宗教、家族、先生や上司といったさまざまな悩みや課題を相談する場があることを確認 ②それでもコーチやカウンセラーが必要とされる社会的背景には以下のようなものがあるので…

なぜコーチやカウンセラーが必要なのか①

なぜコーチやカウンセラーが必要とされるのか。「一度体験してみて!そうすると良さがわかるから!」と声を大にして言いたいところですが、まずは、コーチングやカウンセリングの何が・どこが良いのかという話ではなく、必要とされる社会的背景について考え…

長男長女はよく褒められ、よく怒られる

お正月休みということで、連日2人の子ども(長男4歳、次男0歳)といつも以上に触れ合っています。そして、いつも以上によく叱り(怒り?)、よく褒めています。あらためて感じるのは、男三人兄弟の長男だった自らのことを思い出してみても、長男長女は「弟妹…

ネガティブに向き合うことと余白をつくること

目標達成や課題解決に向かう方法として、ビジョンや理想像を描くことは非常に有効です。ゴールがしっかり見えていれば、モチベーションを高めることや具体的行動を導くことが容易になるからです。 とはいえ、なかなかビジョンが描けないことや、理想像をイメ…

副業をやってみてわかったこと・メリットとデメリット

2019年の10月頃から本格的に副業としてコーチング事業を開始しています。今回は、副業をやって気づいたこと、感じたこと、わかったことをまとめてみたいと思います。 なお、複数の仕事を持つことを、パラレルワーク、複業などとも言いますが、投入する時間の…

セルフコーチングに必要なもの

自分で自分にコーチングを行うことをセルフコーチングと言いますが、多かれ少なかれ、それがコーチングとは意識せず日常でもやっていることかと思います。 例えば、来年の目標を考えたり、ダイエットの計画を練ったりする際に、自問自答をすることがあると思…

「自分で選ぶこと」の大切さとメンタル向上策

コーチングにおいては、主体性、つまりクライアントが自分で選ぶことを重要視します。自分でやると決めたこと、自分で選んだ選択肢であれば、人から強制されたものに比べ、やる気を持って取り組むことができるからです。 日常生活や仕事への応用方法 このノ…

セキュアベース・リーダーシップ

読書メモ&お薦め本紹介です。 「セキュアベース・リーダーシップ」 著:ジョージ・コーリーザーほか 出版:2018年9月 著者は組織心理学者であり、人質解放の交渉人としての経験も持つ。スイスの名門ビジネススクールIMDで2002年からリーダーシップをテーマとし…

【コーチとしてのミッション】まとめ「人を育てられる人」を育てる

コーチとして、クライアントの理性と感性両面における成長をサポートしたいということを書きました。 【コーチとしてのミッション】①理性面の成長サポート - コーチング×人事の知〜理想的キャリア創造!〜 【コーチとしてのミッション】②感性面の成長サポー…

【コーチとしてのミッション】②感性面の成長サポート

私がコーチとして取り組みたいことのもう1つは、人の感性面での成長サポートです。クライアントのみなさんが、自分の感情に気づき、それを理解し、前向きになって、先へ進んで行けるようにサポートすることを目指します。そして、世界を肯定的に捉えられる人…

【コーチとしてのミッション】①理性面の成長サポート

私がコーチとして取り組みたいことの1つは、人の認知における、理性面の成長サポートです。ここで言う理性とは、客観的に、「正しく」物事を見極め、行動していく力のことを指します。 正しい/正しくないとは?という哲学的議論は一旦置いておきますが、で…

仕事における目標の立て方-コーチングをヒントに

評価制度として、自分で立てた目標に対する達成度で評価する「目標管理制度(MBO)」を採用している日本企業は多いと思います。 ただし、ネット上のものにしても、リアルな場のものにしても、さまざまな社会人の意見を見るに「制度が形骸化している気がする…

コーチングに向いている人・向いていない人

コーチングを受けることでクライアントはさまざまなメリットを得つつ、目標達成に向かって進むことができます。 ただし、それはあくまで、クライアントに自分で努力しようという意志があることが大前提です。 コーチは全力でクライアントをサポートしますが…

内発的動機づけとコーチングマインド

どうすれば、行動を起こせるか。パフォーマンスをあげられるか。それもなるべく継続して成果を出すためには? 目標達成やパフォーマンス向上のためには、心理学や行動経済学の知見によれば、「内発的動機づけ」が大事と言われています。金銭報酬や他者からの評…

コーチングの効果とメリット

自身がクライアントとしてコーチングを受けた経験から感じた、コーチングの効果やメリットについてまとめてみます。 私の場合には、コーチング事業を開始するにあたり、約2ヶ月、プロコーチにコーチングをお願いしてみました。 考えていることが整理できる …

ドラマの見方と人材育成

テレビドラマ、アニメ、映画。さまざまな作品にある、共通点とは何でしょうか? もちろんすべての作品がそうだというわけではないですが、多くの場合、作品の中には、主人公やその周辺の人物の成長や変化が描かれています。 どう事件が解決するのか?敵にど…